読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芝崎のマーちゃん

看護師って病院でのシゴトで堅実な職業というイメージですが、けっこうしんどいシゴトの割には賃金はそれほどたいしたことはないです。



婦長クラスならともかく、多くの人は割にあわない額なのです。給料の見合わなさに嫌気がさして辞職してしまう看護師も珍しくありません。


看護師にとってシゴトが簡単な病棟としては、採血室が代表的です。透析、採血、献血などの限られた業務のみを行う診療科です。献血センターなども、この科に該当します。同じような作業の繰り返しで採血の技術も上がりますし、人名にか換るような作業もあまりありません。



どの科でも採血を必要とする場面が多いので、この先、どの科に配属されても有益です。以前は男性の看護士に限定して、士という漢字が、用いられていました。

ですが、現在は男でも女でも、看護師という職業に従事しているならば、師を使うように変更されています。看護師と看護士の両方を使用していると、曖昧で分かり辛いので、統一されたのだと考えられます。



残業をした場合、残業代を貰えるのは当然のこととなります。



ただ、看護師という職の場合、その時々の状況次第では残業代が出ないことがありえます。


中でも、転職をしてきたばかりで転職先に不慣れな場合は、残業の申請が出しにくい雰囲気があるものなのです。看護師の労働の環境改善をするためにも、残業代がきちんと出るようにする必要があるのです。

看護師は病棟のシゴト仲間とどんちゃん騒ぎすることがあります。病院は忙しいので、全員参加することは滅多にありませんが、予定をあわせてどんちゃん騒ぎに参加します。普段言えない話も話せるので、ストレスが昇華されてナース飲み会は大盛況です。


退職金に関心を持っている看護師ももしかしたら、多いかもしれません。
退職するときに看護師が貰えるお金は、国立や県立の病院では多くなります。



次いで、多く貰えるのが、大学病院でしょうか。小規模な病院の場合、退職慰労金も少ないです。夜勤が多いシゴトですから、全ての人にとって良いシゴト場ではないですが、全体としてみれば、規模が大きい病院の方が処遇が良好といえます。
看護師が自分の看護の腕前をもっと磨いたり、成長のために、医療経験を積むには、各種のやりかたがあります。これまでの就業場所から異なる病院や医療施設などへの転職も一つの選択です。それに、最先端技術、より幅広い知識を手に入れるためには様々にある看護に関連の資格合格を目さすのもステップアップできるでしょう。
看護師の年収は多いと思われている方もいると思います。
http://vykhatp7tlp5elowonhk4okol7s.hatenablog.com/



けれども、看護師は夜の勤務がない場合、あまりお金を得ることができず、給料も低額ということがあります。それ故、独身だとシフトに夜勤がある病院に勤務して稼いで、成婚後は夜勤のないクリニックに再就職する人も多いです。